エブリデイのつづき

話足りない一日の終わりに

2018年 仕事につかえる手帳を選ぶ

先日ロフトに行ったので、ちょっと早いけど来年の手帳を選んだ。

今の仕事は販売だけど、なんやかんや日々の用事が多い。

ビジネス手帳を買ってみたけど、日々の業務は書ききれないので、事務職時代に愛用していたメモをまた復活させている。

 

エトランジェのA6サイズリングメモ。

f:id:bokucho:20170927225903j:plain

今日のto do、明日のto do、三日後のto do。手帳に書いて閉じたら忘れてしまうから、見えるようにしておきたい。

で、苦肉の策の日めくり作戦。

f:id:bokucho:20170927230213j:plain

全てのページに日付を手書きで書いておく。あくまでもメモだからきれいに書く必要もないし、本日の日付のページを開いて、いつも机に見えるようにおいておく。

ああー、こんなに便利なのに世の中には日付の入った日めくりメモというものが無い。

昔ながらの日めくりは探せばあるだろうけど、書けるところが少ないし、紙が薄いのもイヤ。台がついているのもじゃまだし…。

 

で、これでもいいのだけど、やっぱり日付を自分で書くのがめんどくさい。

 

となると、一日1ページのほぼ日手帳にして常に開いて置いておくか、と思ったものの、私はもう少し紙の厚さが厚いほうがよくて、方眼も入っていない方がいい。

 

探したら、EDITというシリーズの手帳も1日1ページとか。

これでいいや、ネットで頼もう、と思ったけど、ロフトに行ったので現物を確認したら、さすがに厚い紙で365日あると、重い!!!

 

ただでさえ鞄が重いのに、やっぱり無理だ。

 

で、悩みに悩んで、来年はEDITの週間ノートと、プライベート予定用には別のメーカーの月間ダイアリーにしてみた。

グレーの方がEDIT。

f:id:bokucho:20170927231639j:plain

 

 まずEDITですが、月間ページの左の空欄が大きくてとても良い!

目標も書けるし。。(一応、目標があった方が働きやすいの)

f:id:bokucho:20170927231654j:plain

 

一日1ページはあきらめて…今は日をまたがった「やることリスト」の方が多いから、書きやすいかもしれない。下の空欄も横型より使いやすそうに見える。

f:id:bokucho:20170928000520j:plain

 

そしてこの薄さがいい。

f:id:bokucho:20170927231745j:plain

 

プライベート用の月間ダイアリーは今年のと同じメーカーのものにした。

見慣れているし、この文字の感じが邪魔しなくて良いの。

f:id:bokucho:20170927231804j:plain

月間の予定くらいならスマホ管理もいいのだけど、それにともなうなんやかんやを考えながら書きたいことがあるので、やっぱり一応持っておく。

歯医者さんの予定だけはスマホのスケジュールに入れている。それだけはスマホじゃないと無理(笑)

 

Java 6をインストールするには

私はCS5、夫はCS6。アドビのソフトのことである。

とにかくこのグラフィックソフトが高い。

機能を制限した廉価版を作ってほしいものである。

 

そんなわけでそうそうに買い替えられないし、今はCreative Cloudでしか手に入らなくなってしまっているので、古いソフトを使えるOSの入ったPCを大事に使っている。

 

で、先日夫が新しいmacを買わねばならなくなり、ずいぶん悩んだのだけど、CS6が使えなければ支障が出るので、古いシステムの入ってそうな整備済製品をappleで購入。

新しいシステムを入れているかもしれないし、どのシステムが入っているかはわかりませんと言われてドキドキ、開けてみたらelcapitanだった。

さて、elcapitanならjava6をダウンロードすればCS6も使えるとか。

すごい今更の話ではありますが。。

これが一番簡単なんで。。

 

よかったねーと言いつつ開いてみたらこちらのコミュニティにあるようなメッセージがぽんとでて

https://discussionsjapan.apple.com/thread/10167179?start=0&tstart=0

「詳しい情報」をクリック、するも、ダウンロードするところがない。

 

あれ?

 

それからいろんな言葉で検索してみたけど、案内されているページからはダウンロードするところが見つからない。

 

…同じように思った人いませんか?

 

本当にわからなかったので、あれこれ探したらやっとたどり着いた。

 

どうやって行ったかわからなかったので、あらためてappleのダウンロードページでjavaと検索したら同じところに出て来た。

 

f:id:bokucho:20170926231742p:plain

このページのブルーの文字、「ダウンロード」でいきなりダウンロードできます。

ほんとにここからしかできないのか、なんか技があるのか知りませんけどね、私レベルの人で困ってる人がいたら助けになればうれしいです。

 

で、CS6はとりあえず立ち上がりましたので、ばんばんざい、おつかれさまでした。

 

テストとして久しぶりに書く

もう書けなくなってるのかなと思ったけど、書けるみたいなのでなんか書いておこう。

 

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 

敬老の日だもんで。

 

おじいちゃんは写真しか知らない。

 

一緒に住んでいたおばあちゃんはもう亡くなってだいぶたつ。

母にとってはいじわるされた姑だから、話をしても悪口しか出て来ない。

悪口しか出て来ないくせに、自分なりの思い出はあるようだ。

私にとっては血のつながったおばあちゃん。

 

けんかばかりしていたが、一度、学校から帰って来る私を駅まで迎えに来てくれた。

どうしたんかと思ったら、町のお知らせかなんかに、最近痴漢が出るから気をつけましょうというようなことが書いてあったので、迎えに来たと言う。

 

うちは田舎だったので、山と田んぼの間の道を、自転車を押して一緒に帰っていたら、途中で野良犬があらわれた。(時代だねえ)

雑種の中型犬だけど怖くなって思わずおばあちゃんの後ろに回ってしまった。

 

すでにおばあちゃんはお年寄りで、私は高校生にもなって、おばあちゃんより背も高くなって偉そうなことばかり言っていたのに、まだ頼りにしてしまった自分にびっくりした。

 

気の強いおばあちゃんには怖いものなんてなんもなかった。

昔真っ暗な山道を毎日通っていたこともあるけど全然怖くなかったと言っていた。

狐の火が見えたことあるって。それはなんだったんだろうか気になるけれども。

 

とにかく、犬は特に悪さをすることもなくすれ違っただけだったけど、頼りにしてしまってごめんなさい。なにもなくて良かった。

 

おばあちゃんが迎えに来てくれたのはその一回きりだったけどね。

 

着付けのコツ2

自分の着姿、おなかをポンと出したみたいな立ち方に見えて、姿勢が悪いんだわと写真を撮るとき気をつけるようになったのだけど…

もう一つ気をつけることとして、帯を前下がりに締めるのも、姿勢よく見えるポイントでした。

それはわかっていても、一生懸命お太鼓を上のほうにのせて、手で帯の前のところをぎゅっと下にしても、すぐあがってきていました。

着崩れているわけではないから誰かに注意されるほどではないけど、あんまりかっこよくないなあと気にしていて、何かコツがあるのだろうかと思っていたところ、はたと気づいたのです。

…今うまくいった。

もう何度も言われていたこと、帯を締めるときは下を持って、下の方をきつく締めること。そうしたら自然に前下がりになったのでありました。

…なれている人には当たり前のことかもしれないけど、自分で気づいて得ていくことって大きいなあ。

隙のない着姿になるにはあとどのくらいかかるのやら(笑)

 

今週のお題「晴れたらやりたいこと」>

梅雨なのにずっと晴れていたから気持ちよい日が続いていました。

今年はもうビアガーデンも行ったし、バーベキューもやったし

別に晴れているからやりたいことってないな。

晴れて爽やかなのに家で惰眠を貪るという贅沢もいいものです。

着付けのコツ

着物の着付けを習い始めた頃、先生に言われた通りにやっても、着付け終わったあとに鏡を見れば、いつも半衿が見えなくなっていた。

 

何度やり直しても同じ。

 

胸紐を結ばないでコーリンベルトを使うからだからだろうかと思ってみたが、同じやり方で先生はきれいに出ているのが悔しくて、やり方は変えなかった。

 

常に意識して着付けていると、そのうち、半衿がなくなるということはなくなって、細く見えているというふうになってきた。

半衿を細く出すのは粋な感じでそれはそれで良いのだけど、狙ってないのがダメなとこ。

何より、せっかくかわいい柄の半衿を買っても柄がほとんど見えない。

 

で、最近になって、やっと半衿が思った通りに近いくらいは出るようになってきた。

 

そのコツは…。

 

長襦袢の襟元は、思っているより2割増くらい深く合わせること!

 

自分専用のコツですね。

 

口癖のような

「すいません」

というのが癖になってる人がいる。

お客様相手とのお話の中ではそればかりだとあんまりよくないということで注意されて、あまり言わなくなったけど、なんとなくつい言ってしまうのはわからなくもない。

 

対して私は「ありがとうございます」となんでもかんでも言ってしまう。

 

女性の多い職場だったときに身についた処世術で、何かやってもらったら必ず「ありがとうございます」って言いに行くようにしてたら、とくに何も思わなくても勝手に口をついて出てしまうようになってしまった。

 

「すいません」の代わりに「ありがとう」と言うのはいいことなのだけど、もはや今ではありがとうの大安売り。

こないだはついにとんちんかんな場面で「ありがとうございます」が出てしまった。

 

私の「ありがとう」には心が無いことがバレてしまう…。

いや、もうバレてるか。

白髪わさわさ

私の髪質は父の遺伝で

量が多く、太く、くせ毛。

父は76歳で、総白髪ではあるが髪の量は相変わらず多いので、周りの人からは「染めないで白髪のままの方がかっこいい」とおだてられ、しばらくそのままにしていた。

それにしたって、白髪がかっこいいのはちゃんと手入れしてこそであり、父の白髪はボサボサで、私から見ると汚くて見苦しかった。

それになんといっても、やっぱり白髪は老けて見える。

おじいさん度が増す。

 

それで思い出すのは同居していた祖母。

祖母の髪を染めるのを手伝うのはいつも私だった。

パオンというメーカーの染め粉を水で溶いて、歯ブラシにつけて髪に塗っていく。

祖母は気が強くて私ともけんかばかりしていたから、とにかく手伝うのが面倒くさくて、すでに総白髪なのに真っ黒に染めるのもどうなのと思っていて、いつも

「もう白髪のままでいいやん、その方がおしゃれやで」

などと言っていた。

そうしたらそのうち、祖母は本当に染めなくなった。

髪を染めなくなって真っ白になった祖母は急に老けて

その頃うつの症状もあったのか、おとなしくなって元気がなくなったみたいに見えた。

祖母が亡くなってから思うことは、とにかくずっと染め続けて、おしゃれをさせてあげたらよかったということ。

田舎で、おしゃれなんてできなかったんだけど、私があげたもので一番喜んだのはデパートのワゴンで買った偽物の石のついたサイズの合わない安物の指輪。

亡くなってからは何もしてあげられない。

 

だから、父にも言うのです。

「白髪なんてやめとき、染めた方が絶対いい」

そう、今どきは、自然なグレーに染まるものも売っているし、とにかく白髪はだめ。

心が老ける!

 

会うたびに言っていたら、とうとう最近メールが送られてきた。

短くカットして、自然な色に染めた写真とともに。

若返ったやん!ってほめてあげた。